Allright三丁目の研究会@泉南

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sakai.areablog.jp/3choume

大道芸・大道易学六魔 見たいなあ

 このブログ、もともとは運命学・占い関係のブログにするはずだったのですが、今は本業に力を入れているため運命学の勉強も縮小しています。

 そのため地元・地域ネタを書くブログとして活用していますが、あまり書くこともないので更新もほとんどありません。

 今回、珍しく占い関係の記事を書きます。

 というのは、関西近辺の大道芸や大道易学六魔についての情報を知っておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひお教え頂きたいと思うからです。

     ○      

 ということで、今回読んだ本は、これです。

     ○      

 

大道易学六魔

 

     ○      

岩佐泰延の占い道場
 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487959234X/nazegaku-22/ref=nosim

       

     ○           

 岩佐泰延師の占いに関する随筆やら占例やら占いの基礎講座などバラエティに富んだ内容。
     ○        
 日本海軍艦艇の命名法について書かれた項目があり、そこで、
「十七時間の寿命だった世界一の空母信濃」
という記述がありました。

     ○          
  
信濃 (空母)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E6%BF%83

   

     ○        
 こんな悲劇があったんですねえ。
 あまり大きな戦艦や空母は、内部は迷路のようになっていて、入船間もない船員が慣れない船内で迷って自由に動けず、魚雷被弾に対する処置が遅れて沈没してしまったという。

     ○        
 それを考えると、ホワイトベースに乗った乗員たちはさすがですねえ。
 素人のような乗員たちばかりでよくホワイトベースを動かし、歴戦の強者揃いのジオン軍に競り勝ったのだから。
 青い巨星ランバ・ラル隊の白兵戦を退け、マ・クベには船体の真ん中をビーム砲で貫かれ、それでも生き延びたんです。さすが宇宙時代の若者は違います。ニュータイプなんです。
     ○        
 岩佐泰延師は大道易学六魔の方という。
 大道易学六魔とは初めて聞きますが、一体何でしょう。
 本書から説明部分を引用してみます。
     ○        
「昔から縁日や街頭で、人相や手相を書いた大きな天幕の前で、人を集めて口上を述べていたのが、“六魔”といわれているもの。」
     ○        
「著者は、大道易学六魔で全国放浪の旅を続け、各地の易断所で多くの易占師と触れ合い、大衆の中に入り込んで大衆より学ぶという実占体験を得て、修行に修行を重ね、修羅場をくぐってなお未開の道を歩んでおります。
 大道で人を集め、口上をつけ、最後に手相・人相・立っている姿・着ている服装・座っている状態等を無筮立卦―筮竹・算木を使わなくて、易を立てること―で易を立て、ズバリ、ズバリと現在の運勢、その心構えを当てるので、お客様から好評を博すると同時に、自分自身の活性化をも図ることができるのです。」
     ○        
……ということですが、私は見たことありません。
 私が子どもの頃、確かに近くの神社でお祭りが開かれることもありましたが、六魔どころか、大道芸が来たことありませんでした。
 というか、子どもの頃、占い師なんて見たことありませんでした。
 占い師なんて、私の頭の中では、霊能者や魔法使いと同じ範疇にカテゴライズされるような存在でした。

 初めて占い師に見てもらったのは大学生になってからでしょうか。
     ○        
 私の狭い行動範囲はともかく、大道易学六魔や大道芸が見られたのはいつ頃の時代までだったのでしょうか。
 ごく当たり前に見られた光景だったのでしょうか。地域差もあったのかもしれませんね。
      ○       
 私は声も小さいし会話も苦手だしアドリブもきかない面白くも何ともない人間なので、大道芸を演じることはとても無理そうですが、見てみたい。
 検索してみると、大道芸を演じている方々の集まりがありました。
     ○         
大道芸研究会 
 http://www.geocities.jp/peaceman_f/daidoken/
  

大道芸研究会・Tokyo http://www.adachi.ne.jp/users/daidoken/
  

     ○        
 どちらも東京ですね。

 関西では大道芸は普及していないのでしょうか。
 今後は予定を細かくチェックして、機会があれば見に行きたいと思います。
 特に、大道易学六魔は何としても見たいですね。

     ○         
 ということで、これを読まれた皆様の中で大道芸に関心のありの方々、ここに大道芸に興味を持った人間がいるということを心の片隅にでも置いておいて下さい。

 そして関西で大道芸関係のイベントや研究会などについて情報がありましたら、ぜひお教え下さい。

     ○      

 


◆ミスターJスマイル日記!「奇術雑学」大道易者(六魔)!
  
http://komiyadiary.seesaa.net/article/113695978.html
     ○         

帝大生ゆめじの大道芸日記 家相の神秘 公開 成田山 2011
  
http://blogs.yahoo.co.jp/teds3d/60181467.html
 ○   


うらない街道手相入門
  
http://yorodzu.seesaa.net/article/323171194.html

 ○   

六魔(ろくま)口上 大道易者: http://youtu.be/c_wfPBE0yHo @youtubeさんから ○       ○   ○      

     ○      


 

にほんブログ村 に参加しています。応援よろしくお願いします。
 クリック先では他のブロガー様の記事も見られます。
  http://show.blogmura.com/performance/ ← 大道芸・パフォーマンス
  
http://taste.blogmura.com/showaretro/ ← 昭和レトロのブログなら
  
http://localkansai.blogmura.com/sennan/ ← 泉南情報のブログなら

 

 ☆



大道芸・腹話術
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sakai.areablog.jp/blog/1000026345/p10775796c.html
研究報告 | コメント( 2 ) | トラックバック( 7)

大道芸 六魔(大道易者) 間 無口(はざまむくち)
youtubeに少しだけ紹介されています。

http://www.youtube.com/watch?v=QXxZzqIeV3Q

[ ゆめじ ] 2012/10/23 11:41:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

これはご紹介ありがとうございます。しかしこれからいいところというところで終わってますねえ。
youtubeに六魔はあまりないですねえ。しかし大道芸は色々と充実しているので、たっぷりと楽しめそうです。
昭和ロマンを楽しむ会も素晴らしいコンセプトですねえ。大道芸をやられたり演奏されたり多才なんですね。
私は何事も中途半端で嫌になります。
楽器の一つくらい演奏できないと、とも思うのですが、まずはカルチャーセンターで腹話術を習い始めました。
私もゆめじさんのように多芸目指して、帝大生とはいかないまでもカルチャーセンター生徒として励みます。

[ 荒馬紹介 ] 2012/10/23 21:41:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ちゃんぽん@MARUIらーめん
ちゃんぽん風カレーライス@CoCo壱番屋 地域限定期間限定
カレーちゃんぽん単品@信州庵アベノアポロビル店
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
荒馬紹介イメージ
荒馬紹介
プロフィール公開中 プロフィール
 堺市から泉南市に引っ越しましたが引き続いてこちらで書いていきます。
 ローカルネタ中心。更新少な目です。
(日本国憲法の改悪に反対する読書人の朝活会ありゃま支部員)
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 42 384069
コメント 0 150
お気に入り 0 3

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<