韓国バラエティ番組

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sakai.areablog.jp/koreasbs

全米初登場NO.1大ヒット『ゲット・アウト』99%の高評価

今までにない映画の常識をひっくり返すサプライズスリラーが遂に日本上陸!全米初登場でNO.1大ヒットを記録し、監督のデビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛される! 映画『ゲット アウト DVD』10月27日(金)に公開!

『ゲット・アウト』は、ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスが、白人の彼女ローズの実家に招待されたことをきっかけに、予期せぬ恐怖に直面する姿を描く。町山は「この映画は大変な大ヒットで、今年の映画で一番儲けた作品」と低い製作費に対して高い興行収入を叩き出した本作を称賛。続けて「監督はコメディアンで、テレビドラマ版の『FARGO/ファーゴ』の第1シーズンでどうしようもない頭の悪いFBIコンビを演じていた、“キー&ピール”というお笑いコンビのジョーダン・ピール」と紹介し、「二人でやっていたテレビのコント番組を面白がって見ていたら、“それ面白がっているのは中学生だけだよ”と娘に言われたのがショックだった(笑)」と明かして会場の笑いを誘った。15時17分、パリ行き DVD

また「1980 年代にエディ・マーフィが『サタデー・ナイト・ライブ』でやっていた、黒人がいると白人は真面目にしているが、黒人がいなくなると一斉に悪口を言い始めるというギャグや、特殊メイクで白人に扮したギャグなどの影響を受けている」と指摘し、「人殺しがあった家で“ゲット・アウト”という霊の声が聞こえるのに住み続けて大変な目に合う『悪魔の棲む家』という映画があって、エディは“白人は本当に馬鹿だな、“ゲット・アウト”って言われたら出ていけばいいのに。黒人は迷信深いから出ていくぜ“というギャグをやっていて、それを基にジョーダン・ピールは映画に膨らませた」と本作の元ネタについて語った。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sakai.areablog.jp/blog/1000112396/p11716456c.html
DVD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
吉沢亮と安田顕主演、Webドラマ「ポリフェノールラブ」解禁
リチャード・ギア主演『嘘はフィクサーのはじまり』イスラエルの政治家
韓国ドラマ「時間」あらすじ 第19話
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
韓国バラエティ DVD
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 1219
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク