FUJIちゃんのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sakai.areablog.jp/fujitaku2608

最も治る確率の高いガン治療を求めて

〜最も治る確率の高いガン治療を求めて〜


勤務医では理想の治療ができない
 大阪市淀川区にある「吉田医院」の院長、吉田年宏先生は、近畿大学付属病院で消化器ガン専門の外科医としてガン治療の最前線で活躍されていました。
勤務医として働かれたのは約10年間。その間、吉田先生が痛感されたのは、患者さんと真摯に向き合えば向き合うほど、西洋医学では超えられない壁がガンの治療にはあるということでした。
 ガンの三大治療法といわれる手術、抗ガン剤、放射線治療は、痛みや副作用などつらいことが多く、患者さんには肉体的にも精神的にも大きな負損になります。にもかかわらず、手法としてはどれも100%有効とはいえないのが実情です。
 その上、万が一再発すれば、患者さんが選べる治療の選択肢はどんどん少なくなってしまいます。
 目の前に不安を抱えた患者さんがいるのに打開する方法がない、現代医学が超えられない治療の現状に、吉田先生は日々、苦々しい思いをしていたそうです、病院で臨床を行う傍ら、独自にガン遺伝子の研究に取り組んだのも、新たな治療法を見つけ出したいという強い思いがあったからでした。
 吉田先生はこの研究論文で医学博士の学位を取得しますが、それでも西洋医学でガンを治療するのには限界があると感じていました。その思いはやがて、ガンにならない体づくりを提唱する予防医学にたどり着きます。

 幼い頃、医者である伯父様の姿を見て医師を目指した吉田先生は、「グローパルでざっく ばらんな地域医療、いわゆる町医者」を目標としてきました。
患者さんの話をじっくり聞いて、病気にならない生活を指導したり、早期にガンを見つけてあげるという予防医学の手法は、まさに理想とする医療そのものでした。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sakai.areablog.jp/blog/1000255742/p11651048c.html
がん治療 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
FUJIちゃん
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 29
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード