にきび痕、なんとかしたい!

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sakai.areablog.jp/iordache

自分史…にきび痕と離婚と…

私は今33歳のOL、バツ1で独身です。理恵といいます。

仕事は短大を出てから就職した場所なので、事務職ですがもうすでにお局的な位置にあり、やりがいはあります。

もともと私の家は建築関係の仕事を父がしていて、自分が言うのも何ですが裕福なほうでした。家はかなり大きかったし、母も家にいたし、お金に困ったということを聞いたこともなかったので、何も苦労もせずに、大きくなったと思います。

母も姉もとても美人なのですが、私は完全な父似で、小さいころからそれはとてもイヤでした。だから少し自分に自信がなかったことは確かでした。

高校生の時は、吹奏楽の部私活に明け暮れて、全国大会出場までいきました。吹奏楽ではじまり、吹奏楽に終わる青春といっても過言ではないと思います。楽しかったです。

高校一年生の時から、にきびに悩まされて顔中にきびがでました。恋もしたかったのですが、奥手で恥ずかしがり、にきびが出たこともあり、吹奏楽が忙しかったこともあり、高校時代おつきあいしたことはありませんでした。だから、ニキビもそんなにきにならなかったと思います。

短大に進学して、さすがにまわりは「女の子」というか、すごくおしゃれに気を配っていて、自分がこれではダメだと思いました。ニキビはおさまっていたのですが、にきび跡をお化粧でごまかすという感じで、作り笑顔ばかりしていました。自分にまったく自信がなかったからです。友達が輝いてみえました。美人で肌がきれない友達は自信にあふれているようにみえて、うらやましいというか、悲しい気持ちになったことを覚えています。

そんな私が結婚したい!と本気で思えるような相手に出合ったのが30歳の時です。会社の先輩でした。顔がどうとかではなくて、すごく誠実で優しくて思いやりのある性格が大好きで、毎日先輩の顔を見る度に幸せでした。

そこから本気で、髪型や服装も改善していき、とにかくこのにきび痕を治そうと、いろいろ試して、この→にきび痕のブログを参考にして、化粧品も試してみました。

すごく努力して、自分がぶさいくな分、内面も磨こうとお料理教室や着付け教室にも通ってみました。

そのかいあってか、先輩との距離も縮まって、いつしかおつきあいが始まり、31歳の時に結婚することができて、本当にうれしかったのです。

結婚後、彼は大手の会社に引き抜かれてしまい、そこの会社が忙しすぎてすれ違いばかりで、私も仕事をやめれなかったのも原因かもしれませんが、別れてしまうことになり、今は実家で暮らしています。

でも、彼と一度は結婚できて、私はとても幸せでした。今も友人として大好きな人です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sakai.areablog.jp/blog/1000105752/p11267276c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
いらっしゃいませ
  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
にきび痕を治して綺麗なすっぴんお肌へ! バツイチながらも、がんばって生きてます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 446
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード